ホノルル国際大会におけるガバナーナイト開催中止のお知らせ

2020年3月30日

*ロータリー国際大会 HP:https://www.riconvention.org/ja/honolulu

ホノルル国際大会
地区主催ガバナーナイト参加お申込者 各位

国際ロータリー第2630地区
ガバナー 辻󠄀 正敏

謹啓 仲春の候、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
 平素よりロータリー活動に多大なるご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
 さて、My Rotary を通じて、下記の通りマローニーRI 会長から、来る6 月6 日(土)より開催を予定していたホノルル国際大会の開催を中止にするという、誠に残念なお知らせが届きました。
 地区におきましては、6 月7 日(日)に開催を予定しておりましたガバナーナイトも中止を余儀なくされましたので、本書をもってお申し込みは自動的にキャンセルとなります旨のご案内とさせていただきます。なお、既に登録料のお振り込みをいただいている方につきましては、別途返金対応のご連絡をさしあげます。
 会員各位には、ご迷惑とご心配をおかけしますことを誠に申し訳なく存じますが、何卒引き続き地区運営にご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

謹白

 

 

ロータリアン、ローターアクター、ロータリー支援者の皆さま

 平素より大変お世話になっております。
 唐突ではありますが、とても残念なお知らせがございます。この度、RI 理事会は、米国ハワイ州ホノルルで予定されていた2020 年ロータリー国際大会を中止することを決定いたしました。私たちは皆ロータリーファミリーの一員であり、皆さまの安全がロータリーにとって最優先事項となります。今年の大会への出席を予定していた20,000 人以上の登録者の皆さまと同様、私も非常に落胆しております。しかし、大会出席者と地元ホノルルの方々の安全を守るため、大会中止は適切かつ必要な決断
です。

 現時点で、国際大会への渡航、大会中、大会後において、参加者の皆さまを新型コロナウィルス (COVID-19)のリスクから適切に守ることができるか不確定な状況です。また、6 月時点で米国への渡航状況がどのようになるかも不明確です。多くの方々から、今年の国際大会で大勢の人が集うことについて懸念の声が寄せられました。それと同時に、予定通りに国際大会を実施してほしいという希望の声も聞かれました。理事会は、今回の決定を下すにあたり、あらゆる側面を非常に注意深く考慮しました。

 皆さまに現時点でお願いしたいことは、ご自身の登録、各種チケットやキャンセルについて、RI 登録業務課に連絡することのないようにしていただきたいということです。以下は、払い戻しの手続きに関する概要です。

登録料の払い戻し

 国際大会への登録者全員が登録料の全額払い戻しを受けることとなります。 これには、ローターアクトならびに青少年交換の大会前行事やチケット制の食事行事が含まれます。 払い戻しの受領方法については近日中にお知らせいたします。この通知を受領する前にすでにキャンセルをされた方については、50 ドルの手続手数料の払い戻しが行われます。

 My ROTARY からオンラインで登録をキャンセルしていただくことで、この手続きを迅速に進めることができます。

ロータリー財団ならびに国連関連の行事

 ロータリー財団行事または「ロータリーと国連:『世界でよいこと』のための連携75 周年を祝う」に国際ロータリーを通じて登録された場合、これらの行事についても全額の払い戻しをいたします。 払い戻しの詳細については追ってご連絡いたします。

ホスト組織委員会のチケット制行事の登録

 ホスト組織委員会チケット制行事に登録された場合、ホスト組織委員会からの連絡をお待ちください。ハワイのロータリアンならびにローターアクターは刻々と変化するこの困難な状況に対応しており、私たちの多くと同じように、テレワークという方法で仕事をされています。つきましては、払い戻しの手続きに関する連絡について、辛抱強くお待ちいただけますようお願いいたします。

ホテルの客室について

 ロータリーの公式ホテルにおける客室を個人でご予約された場合、フォローアップの連絡が送られ、皆さまのクレジットカードに請求されることはありません。ロータリーの公式ホテルにおけるグループでのご予約をされ、全額または一部の支払いを行っている場合、フォローアップの連絡と払い戻しに関する指示の連絡が送られます。

航空券について

 多くの航空会社が、各国による渡航制限に従うため、キャンセルや変更方針を更新しています。皆さまの航空券については、航空会社または旅行会社に直接ご連絡ください。

 

 

 ホノルル国際大会の計画は多大なご尽力を要するものでした。この場をお借りして、2020 年ホノルル国際大会委員会、ホスト組織委員会、2020 年ホノルル国際大会推進委員会、ロータリー職員による各種の準備活動に、心から感謝いたします。

 国際大会は、私たちがロータリーでの活動における意欲を高め、お互いから学びあい、成長するためのインスピレーションを高める機会となってきました。今こそ、革新的な方法で「ロータリーは世界をつなぐ」を体現する時だと感じています。今までよりもさらに焦点を定め、地元で行う活動を強化していきましょう。ロータリーの基本である「つながり」には、大きな力と可能性が秘められていることを私たちは知っています。特に、支援を必要とする人たち、孤立や恐怖心にさいなまれた人たちに支援の手を差し伸べるとき、まさにこれが顕著となります。私たちが活用できるすべてのテクノロジーと専門知識を生かし、大規模なプロジェクトで継続して協力していきましょう。

 現在ロータリーでは、オンラインイベントという形で国際大会のような経験を提供できる方法を模索しています。これは、「適応力を高める」というロータリーの行動計画の目標を達成する例となることと思われます。これについては、近日中にお知らせいたします。

 この度の非常事態を共に乗り越え、次回皆さまとお会いする際には、ロータリーの活動、ロータリーでの経験、そしてロータリーを通じて築いてきた多くのつながりを、より深く感じることができると確信しています。

 今回の困難な決断へのご理解を賜りますよう、何卒お願いいたします。 今後のことについては、できるだけ早く決定してまいります。ご存じの通り、ロータリー会員と職員は、難しい状況の中で日々の業務を行っております。今後も行動人として活動し、世界でよいことを継続していくにあたり、どうぞ安全に気を付けてお過ごしください。

 

心を込めて

 

2019-20 年度国際ロータリー会長
マーク・ダニエル・マローニー

以上