米山奨学生とカウンセラーの研修会・オリエンテーション 開催

2019年4月23日

今年度奨学生の皆さん

2019年4月21日(日)  名鉄ニューグランドホテルにおいて、今年度の米山奨学生16名と各世話クラブのロータリー会員(カウンセラー)を対象として、研修会・オリエンテーションが開催されました。

ロータリー米山記念奨学会は、勉学・研究のために日本に留学している外国人留学生に奨学金を支給し支援しています。

今年度は、中国・ベトナム・ネパール・韓国・エジプト・キルギス・スリランカ・モンゴルの8か国からの留学生で、岐阜県・三重県内の大学または大学院に在籍中の皆さんです。
奨学生は、今後少なくとも毎月1回、お世話クラブの例会に出席します。

地区米山奨学部門委員会の村瀬祐治委員長から、奨学生とお世話クラブは積極的に交流してほしいとの要望が述べられました。

なお、終了後「第2630地区米山学友会」が開かれ、新奨学生と奨学生のOB,OGを含めて会食し懇親を深めました。

 

米山奨学生とカウンセラーの研修会・オリエンテーション研修会

米山奨学生とカウンセラーの研修会・オリエンテーション出席者

米山奨学生とカウンセラーの研修会・オリエンテーション米山学友会


地区研修・協議会 開催

2019年4月16日

地区研修・協議会 開催
会場入口

2019年4月14日(日)  三重県総合文化センターホテルにおいて2019年地区研修・協議会が開催されました。

地区内(岐阜県・三重県)75クラブの会長エレクト、次期幹事、次期委員長、新会員など約1200名が一堂に会して本会議が行われました。出席者が8つの分科会に分かれ、地区委員会を中心として討論が行われました。

辻正敏ガバナーエレクトは講演の中で、国際ロータリーの次年度テーマ
「ロータリーは世界をつなぐ」(ROTARY CONNECTS THE WORLD)について説明しました。
また、ロータリーのビジョン声明、中核的価値観、そして新しい戦略計画(四つの優先項目)について語りました。

辻正敏ガバナーエレクトは地区のロータリアンに向けて、
「それぞれのクラブが、それぞれの地域の独自性を保ち、さらに広い範囲で世の中でのより良い変化を目指しながら、人々が手を取り合って行動を始めましょう」と訴えました。
また、次年度の地区テーマ「総天然色」と地区の具体的目標を発表しました。

地区研修・協議会 開催
辻ガバナーエレクトの講演
地区研修・協議会 開催
本会議の会場内

米山記念奨学生の修了式 ・ 第2630地区米山学友会総会 開催

2019年3月18日

米山記念奨学生の修了式

ロータリー米山記念奨学会は、勉学・研究のために日本に在留している私費外国人留学生に対し奨学金を支給し支援しています。

2019年3月17日(日)  名鉄ニューグランドホテルにおいて、今年度修了となる当地区奨学生12名の修了式が開催されました。各世話クラブのロータリー会員(カウンセラー)も含め34名が出席しました。

今年度の修了者は、中国・ベトナム・ネパール・韓国・バングラディシュなどからの留学生で、岐阜大学・三重大学など岐阜・三重の大学・大学院に在籍中か卒業する皆さんです。

修了者はスピーチの中で、
「奨学金を得られたことによって勉学、研究に集中できた。」
「他国からの留学生と友達になった。」
「ロータリーのボランティア活動にも参加できた。」
「ロータリー会員との交流が励みになった。」
「今後は母国と日本の懸け橋になりたい。」
などと語っていました。

なお、修了式に先立って、「第2630地区米山学友会」の総会が開かれ、新会長に管浩然さん(中国出身、皇學館大学博士課程卒業)が選ばれました。

奨学生の皆さん

米山記念奨学生の修了式

米山記念奨学生の修了式


会長エレクト研修セミナー(PETS)開催

2019年3月12日

2019年3月9日(土) ホテルグリーンパーク津において2019年会長エレクト研修セミナー(PETS)が開催されました。

各ロータリークラブの会長エレクト、次期ガバナー補佐、次期地区委員長など132名が出席しました。

辻 正敏ガバナーエレクトは、各クラブの会長エレクトに対し、国際ロータリーの次年度テーマ「ロータリーは世界をつなぐ」(ROTARY CONNECTS THE WORLD)について語り、「日々のロータリー活動を通じて、より多くの人が手をつなぎ、より良い変化のために、心を一つにして行動しましょう」と訴えました。

また、次年度の地区テーマ「総天然色」を発表しました。

辻ガバナーエレクトの講演辻ガバナーエレクトの講演

会場風景会場風景

次年度のテーマロゴ入りソックスを着用した辻ガバナーエレクト次年度のテーマロゴ入りソックスを着用した
辻ガバナーエレクト


青少年交換委員会 オリエンテーション

2019年2月26日

2月24日のオリエンテーションに、2017.1-18.1の間、三重県に留学し現在シドニー大学在籍のブリジットさんが参加してくれました。

インバウンド学生には学校生活について、アウトバウンド学生には英語スピーチについて指導を頂きました。学生達には、とっても刺激的で、将来の目標を得ることのできる一日になったと思います。

 

青少年交換委員会 オリエンテーション

青少年交換委員会 オリエンテーション


辻ガバナーエレクト 帰国報告会

2019年2月4日

国際ロータリーの「2019年国際協議会」が、2019年1月13~19日、米国サンディエゴで開催されました。

辻正敏ガバナーエレクトがこれに出席し、下記のとおり、当地区において「帰国報告会」が開催されました。

帰国報告会日時

2月2日(土) 13:30~

場所

名鉄グランドホテル

参加者

ガバナー パストガバナー 次期ガバナー補佐・次期地区委員長・次期地区幹事 計55名

 

辻ガバナーエレクト 帰国報告会
辻ガバナーエレクト 帰国報告会
辻ガバナーエレクト 帰国報告会

内容

「次年度RIテーマ、地区テーマの発表 」
          報告者;辻 正敏ガバナーエレクト

RIテーマ 「ロータリーは世界をつなぐ」”ROTARY CONNECTS THE WORLD”
                 by 2019-20年度 RI会長 M.D.マローニー

地区年度テーマ 「 総天然色 」
                 by 2019-20年度地区ガバナー 辻 正敏

 

辻ガバナーエレクト 帰国報告会

辻ガバナーエレクト 帰国報告会


地区会員増強セミナー開催

2019年2月4日

 会員増強部門委員会

「入会促進と退会防止」

開催日程

1月12日 地区会員増強セミナー(三重県) ホテルグリーンパーク津
1月19日 地区会員増強セミナー(岐阜県) 岐阜グランドホテル

参加者

各クラブより会長・幹事・増強委員長を中心に、津会場88名、岐阜会場116名
木村ガバナー、研修リーダー剱田パストガバナー、田山直前ガバナー、増強部門カウンセラー桑月パストガバナー、ガバナー補佐、地区研修委員会委員など

内容

木村ガバナーから、現在の世界における会員の状況、ゾーンについて講演。
基調講演として、津会場では田山パストガバナー、岐阜会場では山本増強部門委員長が、「入会促進と退会防止」のテーマで、現状分析と説明。

午後から、初めての試みで「意見交換会」を行いました。1部「入会促進の方策」、2部「退会防止の方策」について、各クラブから意見発表をいただき、各会場とも20人ほどの方から各クラブの状況や成功例、反省例などが発表され、特別出席者からもご意見をいただき、中身の濃い意見交換会となりました。

最後に桑月心カウンセラーから、まとめとして「増強セミナーは増加ではなく増強(質)のセミナーです、ロータリーを語れる仲間を増やして頂きたい」とのお話がありました。

今回のセミナーが各クラブの増強に少しでも役立てば幸いです。
委員会は、皆様の活動をご支援申し上げます。

会員増強

会員増強


春期来日学生の青少年交換修了式

2018年12月25日

2018年12月23日、岐阜都ホテルにて 木村ガバナー、辻ガバナーエレクトをお迎えして、春期来日学生の青少年交換修了式を執り行いました。

また今回は、夏期受入学生と来年8月に留学する派遣候補生が全員そろい、日本語、英語によるスピーチを発表して日々会話力向上の努力を委員会関係者に報告してくれました。

最後には、木村ガバナー、辻ガバナーエレクトのサンタクロースが登場し会場は緊張の中にも楽しさのあるオリエンテーションとなりました。

 

青少年交換部門委員会
青少年交換部門委員会
青少年交換部門委員会

地区大会を終えて

2018年10月15日

第2630地区ガバナー   木 村  静 之

 地区で最大の行事であります地区大会を10月13日、14日の両日にわたって岐阜市において開催しました。RI会長代理本田博己様の卓越したご指導をいただき、地区内外からのご来賓を迎え、無事に終えることができました。地区の会員の皆様には1600名以上のご登録をいただき、主催者側としては、熱い思いでこれに応えるべく精一杯の努力をいたしました。基調講演の西村栄時様のお話は「会員基盤を整える」というテーマで、我々ロータリアンはどうあるべきかを強く示唆するものでありました。また、記念講演のアグネス・チャン様のお話は、ボランティアの実体験に基づき、他者への奉仕の気持ちの大切さを訴えるもので、ロータリーの奉仕活動に対する強いインスピレーションとなりました。会場ロビーに掲示する「活動紹介パネル」は、多くのクラブからご提供いただきました。会場入口でのポリオ募金は、ローターアクターの協力を得て「世界ポリオデー」のイベントとして委員会で実施していただきました。このように地区大会を盛大に開催できましたことは、会員皆様のご協力とご支援の賜物であります。厚くお礼申し上げます。


10月24日は世界ポリオデー

2018年9月20日

10月24日は世界ポリオデー毎年10 月24 日は世界ポリオデーの開催日です。ビル&メリンダ・ゲイツ財団と世界中のロータリークラブのメンバーがポリオ撲滅のためにイベントを開催しております。

常在国は現在のところアフガニスタン、パキスタンでの国境地域の数例で99.9%までの感染を防止することに成功致しました。

ロータリーはこれまでに19 億ドル以上のポリオ募金とロータリアンのボランティアや職員が多くの時間を費やし予防接種、ファンドレイジング、アドボガシー活動などに従事して来ました。これまでの成果は素晴らしいものであり、ポリオ撲滅の達成は目の前に迫っています。

しかし撲滅達成にむけた課題は多く、引き続きの資金提供が必要です。撲滅が認定されるまですべての子供が予防接種を受けなければなりません、今後共世界ポリオデーに合わせた各クラブでのイベントを開催し、ロータリーによるポリオ撲滅の認識を高めて頂きたいのです。

 

10月24日は世界ポリオデー先日「ブレス」しあわせの呼吸のロードショーを観て参りました。1960 年代を背景に作られた映画です。主人公のロビンは奥様と家族、取り巻きの友人の深い愛情につつまれ自宅療養を続けます。車イスや人工呼吸器、輸送機でのスペイン旅行など生きる行動でのドラマを目の当たりにすることができます。

そして学会でのポリオの治療の方法を入院ではなく家族の介護と生きる権限に目を向けて欲しいことを訴えます。

素晴らしい人生の生き方と介護の愛情を見せつけられた映画でした。名古屋での上映は9 月20 日で終了ですが、今年中に岐阜エリアなどでも上映が予定されているようです。この映画をご観賞頂き募金へのご理解とロータリー活動のエネルギーにして頂ければと思います。

地区財団チーム ポリオプラス小委員会
委員長 故金 正司